寝ても醒めても

まだ本調子じゃない

ちょっとずつ調子でてきた

 木曜の仕事終わりから腹部に違和感を抱えていたが帰宅後からその違和感は腹部に潜む巨大な空気の塊というか虚無の塊のようになって、食欲不振に戸惑いながらもいざ就寝しようと灯りを消し寝台に潜り込んで目を閉じた数秒後に上位の世界から下位の世界へ駆け抜ける天啓の如くお達し――便意――が閃き、脱兎の如く厠へ駆け込み、下から下し、腸の内容物すべてが排泄されるまで滝か夕立か台風かといった物音が続いた。一つ区切りがつき、これで食欲不振と腹部の違和感の原因が去ったのだと楽観しながら、汚物が更なる下々の世界へ旅立つ様を見送っていると、今度は俺の番だとばかり胃袋から駆け上がるものが、その強靱な上昇志向に反して下々の世界へと怒濤の勢いで飛び降りてゆく。滝、夕立、台風、再び。「吐瀉物」この三文字は文字というより眼下の光景を見たまま絵にしたかのように思えてならない。それは無理矢理喉に通したみそ汁の死骸、これが天の恵みに対する仕打ちかと恨めしそうにこちらを睨め付けてくる南京の憎悪、無惨に打ち砕かれた白米の哀れ。
 だがこれでけりがついたのではないか。楽観がなくては人生という道など歩けはしない。再び就寝。走る稲妻。飛び起きる男が一人、廊下を走りけり。やれ、けりをつけてもけりはつかない。僕の腹の中には官僚がいる。天下りをあてにしている。これはおもしろくない(いろんな意味で)。老害を下々の世界へ追放した後、社会の悪循環が続かぬようにと祈りを込めて正露丸を呑む。寝台に身を横たえる。再び駆け上がるものありけり。駆け上がれfighter like a KOIKING ……恋のように甘酸っぱい……いや単に酸っぱい……だが恋のように心地よい……わけでもない。厠の戸は開いているが、間に合わない。両手の平で嘔吐物を一旦受け止め、こぼれ落ちる前に便器の上まで間に合わせる――こんにちは正露丸、また会ったね――嘔吐。人は誰からも学ばず、吐くことができる。その機能はオートマティック。下痢もまたオートマティック。便座に腰をかけ、上下同時攻撃が来たならどう対応すればいいか思案する。答えは出ない。思考は容易く移りゆく。すべてはオートマティック。
 サルトルの著『嘔吐』を読んでいた頃を思い出した。僕は主人公がいつ吐くか、待ちわびた。主人公はついにマロニエの木の下で、ついに、ついに――吐かなかった。「嘔吐」には「吐瀉物」の意味はない。吐かない。「吐き気」までである。僕はさっき「嘔吐物」という言葉を使ったが、これは私製語である。以来、あたかも辞書に載っているかのように使っているが、指摘されたことはまだない。
 サルトルの著は難しすぎた。僕にとっての収穫はこれっぽっちだったのだ。何もかもがこの手をすり抜けてゆく。吐瀉物はまとわりついているが。
 話を戻そう。あとは繰り返しである。肛門は常時開放型の斬魄刀であり、始解の呪文を必要としていない。才能と克己心のあるものだけが卍解に至れると伝え聞くが、今以上の状態など想像もできない僕には縁のない話であろう。
 一時間ほど眠り、便意で目覚め、流出が先か、便座に座るのが先か、ウサギとカメの壮絶なデッドヒート。このウサギは怠け者ではなく、怠ける振りをしてカメを油断させる曲者である。片やカメも足の遅いふりをしているが健脚を隠し持っている。どちらが僕か。どちらも僕ではない。上から来るのがウサギで、下から来るのがカメである。僕はいつも一歩遅れてスタートしているタヌキである。しかも他人を化かすことができず、いつも化かされて泡を食っているタヌキである。もっとも、泡を喰っているというよりは吐いているのだが。
 そういう事情で十分な睡眠が取れず、寝坊したとしても、それはむべなるかなといったところだ。熱がある、吐き気がする、意識が朦朧として天井が回転している。市民病院へ一方を入れて緊急外来として訪れることにし、帰宅した弟に車を回させ、どうにか病院へ。診断結果は感染性腸炎、ひらたくいうと食中毒、ノロにやられたのかなー。
 
 ――というストーリーをでっちあげ、会社へと体調不良の電話を入れた。
 金曜日の夜勤勤務、車で通勤しようとすると、どういうわけか渋滞で遅刻確定だったので――連休に入る前の花の金曜日だからかな――遅刻するぐらいなら、もう休んでしまえ、と。普段は始業二十五分前にタイムカードを押しているのだが、十分遅刻した段階でまだあと二十分かかりそうな混み具合だったし。どうせ仕事ないし。そのくせ来週は休日出勤を強要されるはずだし。土曜日に誘われていた食事会もキャンセルできるし一石二鳥だ。
 
 え、仮病じゃないよ? 会社に行きたくない病だよ。

弟に将棋で勝つ快感

弟に勝つため
初心者用の将棋フラッシュゲーム、
「ハム将棋」を秘かに始める。
 ↓
妹にハム将棋の存在を教える。
 ↓
妹から弟に情報がリーク(汗
 ↓
弟が強くなってしまった(泣
 ↓
連敗する兄……(苦
 ↓
(中略)
 ↓
勝利!!!



 あいだは飛ばしたが、とにかく久々にリベンジをかましてやった。
 弟の美濃囲い(だったっけ?)に側面から重圧をかけつつ、
 本命の正面突破のために香車、桂馬、銀の順で配置し、
 更に退路を断つため飛車を最後列に利かせ、
 あとは手持ちの銀と金を合わせて詰み。
 こちらの玉将は360℃丸裸*1で瀕死だっただけに勝利の余韻もひとしお。

*1:周囲九マスの意

アスパラグァス

 子供の頃は*1アスパラなんて特に好きでもなんでもなかったのに。ブロッコリーと同類だったのに。*2
 アスパラガス、なんであんなに おいしいのか。
 何もかけなくてもいけるよね。
 むしろ何もかけてはならない。
 
 
 
 だが今日食べたアスパラは味がしなかった。
 要するに旨いアスパラ食ったから旨いと思っていただけのようだ。*3
 だから、なんというか……
 (なんというつもりだったのだろう?)
 旨いアスパラが食べたい。*4

*1:子供の頃っていつ頃だろう。小学生ぐらいか。

*2:特にこれといった味はしないが不味いというわけでもないしドレッシングかければ美味しいし、まあ歯ごたえ要員かなっていう感じ?

*3:なんだこの日本語は。

*4:僕は何をいっているのだろう?

テスト

ブログ記事をふたつ書きためたぞー
とブログ記事にしてみるテスト。

「自己紹介 あなたへ30の質問」に回答!

自己紹介 あなたへ30の質問

 id:GuriGuraさんからバトンが回ってきた。
 嬉し恥ずかし――じゃなくて懐かし――不幸の手紙。
 実際には不幸じゃなくて幸福になるらしい、DS当たるらしい。そういうはてなのキャンペーンですかそうですか。

http://ugomemohatena.hatenastaff.com/entry/ugomemo-gift-2

 DSが必ず当たるものと勘違いしてどぎまぎしたが、そんなことはなかった。
 世の中、そんなものですね。


01. みんなから何て呼ばれてる?

 keiseiryoku

02. 自分の自慢できるところは?

 あったら苦労しないよ!

03. 自分の弱点は?

 ありすぎて分からないよ(逆ギレ)

04. 自分の口癖は?

 なんもかんも政治が悪い

05. 持ってるケータイの機種は?

 人類にケータイは早すぎる

06. カラオケでよく歌う歌は?

 最近は中島みゆきの『永遠の嘘をついてくれ』をよく歌う。
 嘘ではない。うまくもない。

07. 過去に似ていると言われたことのある芸能人は?

 おぎやはぎのどっちか。多分、背の高い方。知らんけど。

08. 座右の銘は?

 成せば成る
 成さねばNO!

09. 将来の夢は?

 不労所得でのんべんだらりと生きてゆきたい……

10. ブログをはじめたきっかけは?

 神のお告げ

11. 好きなアニメは?

 気合いだけでミニ四駆とかベイブレードとか遠隔操作レベルで動かせちゃう系の熱血アニメ

12. 好きなゲームは?

 無料であれば感無量

13. 好きな食べ物は?

 ピザモッツァレラ
 ピザモッツァレラ
 ピザピザピザピザ
 ピザモッツァレラ

14. 好きな飲み物は?

 ポカリ

15. 好きな動物は?

 ブタ

16. 好きな色は?

 青
 MTG的には赤

17. 好きな芸能人は?

 あったこともない人を好きにはなれない

18. 好きなファッションブランドは?

 し、しまむら?

19. 好きな雑誌は?

 質問30個って結構きついな

20. 好きなスポーツは?

 アラモードだね あらどーも
 ってそれはスイーツだよ

21. 昨日晩ご飯に何を食べた?

 質問を「昨日晩ご飯に何をかけて食べた?」と空目して、えっ?

22. 最近見た夢を教えて!

 高校の運動会とか大学の卒業式とかに盛大に遅刻する夢

23. 最近読んでおもしろかった本を教えて!

 『嵐が丘』を河島弘美訳で読み返して、ああけだし名作だなあと。
 そのうちエントリ書く。

24. 最近見ておもしろかったテレビ番組を教えて!

 NHK連続テレビ小説「あまちゃん

25. マイブームを教えて!

 麻雀 役を覚え始めたところ

26. 旅行するとしたらどこに行きたい?

 また鳴門大橋見たくなってきた

27. 明日地球が滅びるとしたら何がしたい?

 滅びない世界線へ移りたい

28. 自分を一言で表すと?

 目覚めることのない獅子
 ごめん獅子はいいすぎた

29. 自分の秘密を1つ教えて!

 顔にほくろが十個以上

30. 次に答えてほしい人をidコールしよう!

 お友達ってなんですか
 はてなの罠ですか
 どこへ投げればいいのか このバトン
 すでに投げられたことのある人へ投げると永遠に周回して、みんなバターになっちゃうのかな。それはそれでなってみたい。
 が、バター回避で。

 id:honyami1919さん、お暇があれば宜しく。

兄貴ってそんな自由じゃないよ

もやしもん』も『銀の匙』も主人公には兄貴がいて、
どちらの兄貴も自由奔放。
家業を継がない。親の目を気にしない。

おはなしとしては、超えるべき壁の一つとして兄貴という存在を設定しやすいのかも。
しかし実際には兄貴って、そんな自由じゃないよ。
うらやましいわ。
あんなに自由気ままに生きてゆけたらと思う。

ただひとつ、確かに自由だと思える点もあって……
つまり、兄貴には兄貴がいないということ。

帯に短したすきに長し

親知らずを抜いてきた旨を軽くハイクのIDページに投稿した。(バシッと抜歯!)
そう、ブログに書くほどのことではない。(バシッと抜歯)
何か軽く発言したいな、取るに足らないほんの小さな体験や思いつきを他人の目にとまるところへ置いておきたいな、と思ったなら、SNSで事足りる。(バシッと抜歯!)
特にブログの更新が滞っているならなおさらだ。(びしばしっと抜歯!)
おや珍しく更新されているなどれどんな記事をあげたのかなと見に来た人が、こんな退屈な内容を記事にしてしまうのか退屈な内容を工夫のないまま紋切り型の文章で並べてしまうのかと呆れ、立ち去ってしまうぐらいなら、いっそ更新などしないほうがいいと、勝手に思い込んでしまう。(バシッ 小手ッ 小手ェーッ! 小手ッ! 小手アピール、審判旗を振れ、振れ、振らないか、チッ……)
だからブログというものは日頃からハードルを上げずに、それなりの文章をそれなりの頻度で継続する必要があるのだろう。(バシッと抜歯)
しかしそのような継続はほぼ不可能だ。(抜歯、ばしっ!)
ブログがそのような努力を要する一方で、SNSはハードルが上がることがなく、二束三文にもならない空疎な内容を垂れ流すことができる。(バシッと抜歯)
 
ああもういい、もういいんだ、三行で終わるつもりだったのに、どうしてこんなことになるんだ、と気付いてしまったから、もう強制的に終わることにする。そうじゃないとここはまだ折り返し地点すら見えない場所になるから。(びしっと抜歯!――じゃなかった、バシッと抜歯!)
 
 
 
麻酔が切れてきて抜歯した箇所が痛み始めた。
抜いた歯は水風船を思わせるプラスチックの容器に収納した形で受け取ることができた。
今日は朝から空回りばかりで、無駄な時間を過ごすばかりの日曜日となった。
収穫は「バシッと抜歯」というダジャレのみ。
いや本当はニコニコ動画で仮面ライダーblackRXを視たことだって収穫には違いないのに、今思い出せるのはただただ診療所の待ち時間が長かったことなのだ。予約していたのに。
ああいけない強制終了から何行書いているんだああもうびしっと抜歯